競売とは

競売とは

住宅ローンなどの返済が困難になった場合、担保としていた土地や建物などの不動産を金融機関(債権者)が裁判所に申立を行い、裁判所がその不動産を差し押さえ、入札などの方法により売却する手続をいいます。。

裁判所が定めた売却基準価額(実際はこの価額から2割控除した額)以上で、最高値で入札した人が落札します。

売却価格は不動産鑑定士の調査・評価が基になりますが、決定は裁判所が行ないます。。

一般的な販売価格よりも低く設定されることが多く、市場価格の5~7割程度といわれています。

競売が終わってからも残債務の支払い義務は継続します。

債務を整理するためには自己破産等の手続きが必要になります。

【自己破産についてはこちら】

 

競売のデメリット

販売価格が市場価格よりも低くなってしまうことが多い。そのため任意売却よりも残債務が多くなる

立ち退きを迫られると、すぐに立ち退かなければならない場合もあります

近隣住民に競売になってしまったことが知られる可能性がある

 

競売の通知が届いたら

不動産競売開始決定の通知が届いても約6ケ月間は猶予があります。

その間に弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。

 

 

 

京都債務整理自己破産相談では無料相談を実施しております!

当事務所はこれまでたくさんのご相談を頂きました。

 

取立てを止めてほしい

つらい借金生活から抜け出したい

何とかして借金を減らしたい

払いすぎた利息を取り戻したい

 

債務整理に関することなら何でもお気軽にご相談下さい。

 

借金問題は適切な債務整理の方法を取れば解決します!私たちがお手伝いします!

初回のお問い合わせは無料です。お気軽にお問い合わせください。 TEL:075-223-6111 営業時間9:30~18:00(平日)/土曜・祝日時間外 応相談

ご相談から受任までの流れ

STEP1:お電話での予約、STEP2:ご相談当日、STEP3:契約、STEP4:受任通知の発送

初回のお問い合わせは無料です。お気軽にお問い合わせください。 TEL:075-223-6111 営業時間9:30~18:00(平日)/土曜・祝日時間外 応相談

ご相談から受任までの流れ

STEP1:お電話での予約、STEP2:ご相談当日、STEP3:契約、STEP4:受任通知の発送